いっしょに育つ大人と子ども

補償保険Q&A

よく寄せられる質問、素朴な疑問をまとめています

Q1.
「急激かつ偶然な外来の事故」による傷害とは、どのようなものですか。

「急激」とは、突発的に発生することであり、ケガの原因となった事故がゆるやかに発生するのではなく、原因となった事故から結果としてのケガまでの過程が直接的で時間的間隔のないことを意味します。「偶然」とは、「原因の発生が偶然である」、「結果の発生が偶然である」、「原因・結果とも偶然である」のいずれかに該当する予知されない出来事を言います。「外来」とは、ケガの原因が身体の外からの作用によることをいいます。上記より、靴ずれ、しもやけ、日焼けなどは、「急激かつ偶然な外来の事故」とはいえないため、傷害保険は適用されません。

Q2.
接骨院、針・灸による治療の場合も保険は適用されますか。

針、灸、マッサージなどの医療類似行為による治療の場合、医師の指示による治療以外は保険が適用されませんのでご注意ください。そのため、柔道整復師(接骨院、整骨院等)による治療の場合、治療日数の認定にあたっては、傷害の部位や程度に応じ、医師との治療との比較等を行い、総合的に判断したうえで保険金が支払われます。

Q3.
サービス提供会員傷害保険は、子どもを預ける親(依頼会員)にも適用されますか。

適用されません。サービス提供会員傷害保険は、子どもを預かる方のための保険です。雇用されて働く人には労災保険がありますが、子どもを預かる人は雇用されているわけではありませんから、労災保険がありません。それに代わるものがサービス提供会員傷害保険です。したがって、サービス提供会員傷害保険は、保育サービス提供中の提供会員のみに適用されます。

Q4.
子どもを迎えに行く活動の時、自宅からではなく出先から保育園の迎えに行く途中でケガをした場合、保険は適用されますか。

適用されません。サービス提供会員傷害保険の送迎の往復途上は、自宅と子ども宅あるいは保育所等との通常の経路のみです。「保育所等」との「等」とは、依頼会員が指定する場所です。その経路での事故に対しては、サービス提供会員傷害保険が適用されます。

Q5.
小学校低学年の子どもが、学校から提供会員の家へ一人で行く途中ケガをした場合、保険は適用されますか。

学校から提供会員宅へ通常経路における往復途上において、子どもがケガをした場合、依頼子供傷害保険が適用されます。ただし、安全面からも子どもが1人になる状況はファミリー・サポート・センターの活動として望ましくないので、できるだけ学校へ迎えに行くなどの配慮をお願いします。また、依頼会員が子どもを提供会員宅へ預けに行く途中、連れて帰る途中も、通常経路における往復途上において子どもがケガをした場合、依頼子供傷害保険が適用されます。

Q6.
提供会員が保険の対象となる傷害を被った場合、健康保険は使えますか。また、預かった子どもが保険の対象となる場合はどうですか。

本保険は健康保険利用とは関係なく支払われますので、いずれの場合でも健康保険は使えます。

Q7.
サブリーダー連絡会議、ペアリング(事前打ち合わせ)等に出席するために会議場所に向かう途中事故にあった場合、保険は適用されますか。

会議等に出席中、またはその往復途上において事故にあった場合は、別途加入している研修・会合傷害保険が適用されます。

Q8.
預かった子どもに提供会員の子どもがケガをさせられた場合、あるいは家の物を壊された場合、賠償責任保険は適用されますか。

適用されません。賠償責任保険は、提供会員もしくはファミリー・サポート・センターに賠償責任が生じた場合に適用されるものです。提供会員が自分自身に賠償責任を請求されることはありえません。このような場合にはお見舞金制度があります。

*お見舞金制度
地域子育て支援補償保険等では補償されない部分を補う目的で設けた制度です。
依頼会員の子どもが提供会員宅の財物を破損したり、提供会員の子どもにケガをさせた場合等、提供会員に30,000円を限度にお支払いします。

Q9.
保育サービスの提供中、預かった子どもがケガをし、見舞い品(お菓子・お花等)を子どもの家へ持って行った場合、見舞い品にかかる代金に保険は適用されますか。

賠償責任の有無に関係なく、社会通念上妥当と思われる子どもへのお見舞い(花・見舞い品)をした場合、支出した金額の実費(10万円限度)が支払われます。なお、保険金の請求にあたっては、領収書が必要となりますのでご注意ください。

Q10.
提供会員が依頼会員から預かっていたベビーカーが壊れたり、子どものジャケットを紛失してしまったなどの場合、保険は適用されますか。

依頼会員から預かった子ども預かりに必要な日用品が損壊、紛失した場合、賠償責任保険が適用されます。

Q11.
賠償責任保険で対象となる損害を教えてください。

賠償責任保険で対象となる損害は下記のとおりです。なお被害者の方にも過失がある場合、被害者の方の過失の程度によって、保険金の一部が削減されます。
<対人事故の場合>
  • 治療費:ケガの治療に必要な費用が支払われます。
  • 入院雑費、通院交通費:入院に要した雑費並びに治療のために通院した際の交通費について支払われます。
  • 慰謝料:被害者の方の肉体的・精神的な苦痛に対し、ケガの症状や治療期間に応じて賠償するもので、一般的には、最終示談時に支払われます。
<対物事故の場合>
  • 直接損害:被害にあった物の修理費が支払われます。被害にあった物の修理費がその物の価値(時価)を上回る場合、または修理が困難な場合はその価値が限度となります。
  • 間接損害:被害にあった物を修理する間、代替物を手配した際のレンタル費用が支払われます。
<個人情報漏えいの場合>
  • 法律上の賠償責任を負うことにより被る損害が支払われます。
  • 個人情報の漏えい、またその恐れに起因した、事故への対応のために支出した必要不可欠な各種費用が支払われます。

Q12.
子どもの送り迎えに自動車で行きたいのですが、自動車で行ってケガをした場合、保険は適用されますか。

大阪市内は公共交通機関が整備されているので、自動車での活動は、原則認めていません。

Q13.
自転車を活用して送り迎えをしてケガをした場合、保険は適用されますか。

サービス提供会員傷害保険、依頼子供傷害保険、及び賠償責任保険とも適用されます。自転車の後輪で子どもの足を挟んだ事故も起こっており、できるだけ使用しないようお願いしています。

Q14.
子どもが食中毒になった場合、保険は適用されますか。

提供会員が調理した食品により食中毒になった場合などは依頼子供障害保険・賠償責任保険が適用されます。

Q15.
台風のときに子どもを預かっていて、風に飛ばされたり、飛んできた物に当たってケガをしたりした場合、保険は適用されますか。

サ-ビス提供会員傷害保険・依頼子供傷害保険が適用されます。

Q16.
子どもを預かっているときに地震が発生し、上から物が落ちてきてケガをした場合、保険は適用されますか。

サ-ビス提供会員傷害保険・依頼子供傷害保険が適用されます。

Q17.
預かった子どもから提供会員や提供会員の家族に病気が感染した場合、保険は適用されますか。

預かった子どもから病気に感染した場合は、サービス提供会員傷害保険及び賠償責任保険ともに適用されません。なお、お見舞金制度の対象となる場合もありますので、ご相談ください。

Q18.
事故が発生した場合の手続きを教えてください。

事故が発生した場合は、速やかに登録している区のファミリー・サポート・センター支部に事故の報告をしてください。事故内容に基づきご用意いただくものもありますので、各支部コーディネーターの指示に従ってください。保険会社等の手続きは、ファミリー・サポート・センターがおこないます。提供会員に賠償責任がある、ないに関わらず、預かった子どもがケガをしたという事実はあります。子どものケガの対応をしたうえで、子どもや保護者にまず謝罪することが求められます。謝罪することと事故の賠償責任とは、別の問題ですので、保護者の気持ちを十分に受け止めながら、率直に謝罪することが求められます。
ページの先頭へ